コロンビア代表の新しいジャージの配色がなんだかすごいことに

2014年ワールドカップでは日本代表の前に立ちはだかり、決勝トーナメントに進出したコロンビア代表。

ブラジル代表に敗れベスト8で敗退したものの、ハメス・ロドリゲスは大ブレイクし、フアン・クアドラードやジャクソン・マルティネスといったアタッカーも大会を通じて大きく名を揚げた。今月12日に発表されたFIFAランキングでは3位につけるなど、すっかり強豪国として君臨するようになった。

そんなコロンビアは今年6月、コパ・アメリカに出場する。

早くもコパ・アメリカに向けた新ユニフォームが発表されており(詳細はこちらから)、それと同時に各種トレーニングウェアの新モデルも公開になっているのだが、その中にひときわ目をひくデザインのものがあった。

それは、選手たちが移動する際などに着用するプレゼンテーションスーツだ。

Colombia 2015-16 adidas Presentation Suit
なんといっても存在感抜群なのは、スカイブルーのパンツだろう。

コロンビアの国旗をイメージした3本ラインとスカイブルーの組み合わせはインパクト抜群であり、かなり派手なデザインとなっている。写真ではあまり目立たないが、実物はよりビビッドな色となっており、店頭で目に留まること間違いなしだ。

なお、今年のコパ・アメリカにはメキシコ代表が招待国として出場するが、こちらも新ユニフォームが発表されている(詳細はこちらから)。

サプライヤーはコロンビア同様Adidasなのだが、そのプレゼンテーションスーツはこんな感じ。