川崎フロンターレ

SAMURAI BLUE、川崎フロンターレの3選手らが合流

SAMURAI BLUE、川崎フロンターレの3選手らが合流

SAMURAI BLUE(日本代表)は3月20日(火)、ベルギーのリエージュで行われる国際親善試合マリ代表戦(23日・金)とキリンチャレンジカップ2018 in EUROPEのウクライナ代表戦へ向けて、リエージュ郊外で合宿2日目の練習を実施しました。

この日の早朝から降り出した雪も昼過ぎには止み、練習が始まる頃には天気はすっかり回復。風は冷たいものの、春を思わせる柔らかな陽射しが降り注ぐ快晴になりました。

追加招集となり前夜ドイツから駆け付けたDF酒井高徳選手(ハンブルガーSV)と、18日(日)夜に開催されたJリーグ戦の都合で到着が遅れていた川崎フロンターレのFW小林悠選手、MF大島僚太選手、DF車屋紳太郎選手も合流しました。

一方、負傷の状態把握のためにクラブを出るのが遅れていたMF遠藤航選手(浦和レッズ)は20日(火)に日本を発ち、21日(水)にチーム合流の見込みですが、DF酒井宏樹(オリンピック・マルセイユ)は負傷のため不参加となりました。

この日行なった約1時間半の練習では、川崎Fの3選手は、右太もも裏の違和感で大事をとったFW杉本健勇選手(C大阪)と共にランニングや室内でのフィットネストレーニングなど軽めの調整でしたが、酒井選手は前日から参加しているメンバーと一緒に、ボール回しや9対9のミニゲームで汗を流しました。

全体練習後にはMF柴崎岳選手(ヘタフェCF)、MF森岡亮太選手(RSCアンデルレヒト)、FW久保裕也選手(KAAヘント)がGK3人とともにシュート練習に臨み、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督自らがパス出しを行ない、選手たちに声をかけていました。

MF三竿健斗選手(鹿島アントラーズ)は、国内組だけで臨んだ12月のEAFF E-1サッカー選手権で代表初キャップを獲得して以来の代表入りですが、「試合に使ってもらえたのは大きかった。ワールドカップに行くチャンスがあると思って、そういう目標も立てた。それを達成できるように頑張りたい」と意気込んでいます。

また、ドイツ2部リーグで4試合連続ゴールを挙げたFW宇佐美貴史選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)は、好調の理由について「僕としては90分を通して1点獲るという感覚。最後の最後まで狙って、パスの質もあるが、しっかり落ち着いて判断できている」と話し、自信を深めているようです。

試合はいずれもリエージュのスタッド・モーリス・デュフランにて、マリ戦が23日(金) 13:20(日本時間21:20)、ウクライナ戦は27日(火) 14:20(日本時間21:20)キックオフの予定です。

選手コメント

DF 長友佑都 選手(ガラタサライ)
ガラタサライの監督はサイドバックをどんどん攻撃させるので、昔の自分に戻ったようで、居心地が良くて楽しいです。イタリアで守備を学んで、トルコで攻撃に参加しているので、そのバランスを日本代表でも出していければと思います。新しい選手も怪我で離脱している選手もいる中で、僕の10年間ぐらいの経験をどう伝えてチームで活かしていくか、自分自身が試されていると思います。若い選手たちが生き生きとプレーできるようにサポートしたいですし、ワールドカップ前の選考試合なのでアピールもしなくてはならないと考えています。

MF 大島僚太 選手(川崎フロンターレ)
前回は怪我もあったので、今回は怪我をせずに乗り切りたいです。FIFAワールドカップは初めての経験なのですが、僕自身はあまり気にせずに自分のプレーに集中してプレーして、全員でいい試合をしっかりやらなくてはいけないと思っています。選手間の距離が遠くなると(相手に)潰されるので、人数をかけながら相手を崩すことができればと考えています。オリンピックの時、本戦でのブラジルとやってみたかったと感じたので、今度はロシア大会で国をかけて本気で戦う場に出たいという思いはあります。

MF 三竿健斗 選手(鹿島アントラーズ)
前回と雰囲気は変わらないですが、緊張感がありますし充実しています。今日も少し負荷が高めのトレーニングで、プレッシャーも早い中で楽しく練習できました。JリーグやACLでのプレーを見て選んでくれたと思うので、自分のプレーに自信を持ってやっていいと思いますし、そのプレーをどれだけだせるかが一番大事だと思っています。試合で出せるように、練習から100%でやりたいです。

FW 宇佐美貴史 選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)
2列目ならどこでも常に高いパフォーマンスを発揮できる、しっかり戦えるという確固たる自信はあります。そのポリバレント性も今は自信の一つになっています。(所属クラブでは)90分通して守備のタスクというチームの仕事もしながら、最後にサイドからゴールを狙う可能性を広げていくポジショニングや走りを常にやっているつもりです。いるべき場所にしっかりといる、決めるべき時にしっかりと決めるということができれば、結果はついてくるという手応えもあります。

スケジュール

3月19日(月) PM トレーニング
3月20日(火) PM トレーニング
3月21日(水) PM トレーニング
3月22日(木) PM 公式練習
3月23日(金) 13:20 国際親善試合 vs マリ代表(スタッド・モーリス・デュフラン)
3月24日(土) AM トレーニング
3月25日(日) PM トレーニング
3月26日(月) PM 公式練習
3月27日(火) 14:20 キリンチャレンジカップ 2018 in EUROPE
vs ウクライナ代表(スタッド・モーリス・デュフラン)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。