日本代表

日本代表も危なかったが…豪州、W杯に出ないノルウェーにボコられる

各地で行われている代表マッチ。日本代表はマリ相手に苦戦を強いられ、1-1の引き分けに終わった。

オーストラリア代表は敵地に乗り込み、ノルウェーとの親善試合を行ったのだが、4-1で惨敗を喫した。

オーストラリアはコーナーキックからMFアーヴァインが頭で合わせて先制。だが、ミスもあり失点を重ね、相手FWカマラにハットトリックを許してしまった。

19分 ジャクソン・アーヴァイン(豪州):0-1

36分 オラ・カマラ(ノルウェー):1-1

48分 トーレ・レギニウッセン(ノルウェー):2-1

57分 オラ・カマラ(ノルウェー):3-1

91分 オラ・カマラ(ノルウェー):4-1

これがベルト・ファン・マルワイク監督にとっての初戦でもあったのだが、まさかの逆転負けに。

ベルト・ファン・マルワイク(オーストラリア代表監督)

「初戦はいつだって難しいものだ。全てにおいて、互いに知る必要がある。

今日の我々は準備ができていなかったのは間違いない。このチームを改善するための時間が必要だ。

(2つの失点は)個人のミスだ。残念だった。プレーしたかったやり方とは関係ないものだったからね」

「我々は準備を始めているし、誰もがエネルギーに満ちており、改善したがっている。

それはポジティブだ。だが、私は負けるのが好きではないし、4-1はあんまりだ」

この後、オーストラリアはロンドンでコロンビア代表との親善試合に臨む。

日本代表、EAFF E-1 サッカー選手権2017に臨むメンバーを発表!初瀬、三竿健ら若手が初招集

12月に日本で開催されるEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会に臨む日本代表メンバーが発表された

日本サッカー協会(JFA)は29日、12月に日本で開催されるEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会に臨む日本代表メンバーを発表した。

海外組や浦和レッズの選手たちを招集できない関係で、多くの“初顔”が見られるメンバー構成に。有望な若手に数えられる、鹿島アントラーズの三竿健斗、ガンバ大阪の初瀬亮が初招集。一方で川崎フロンターレの大島僚太やセレッソ大阪の清武弘嗣が代表復帰を果たしている。また、国内屈指のスピードスターとして招集の期待がかけられていた柏レイソルの伊東純也も招集されている。

発表された日本代表メンバーは以下のとおり。

■GK
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)
権田修一(サガン鳥栖)

■DF
西大伍(鹿島アントラーズ)
初瀬亮(ガンバ大阪)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
山本脩斗(鹿島アントラーズ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
三浦弦太(ガンバ大阪)
植田直通(鹿島アントラーズ)
昌子源(鹿島アントラーズ)

■MF
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
井手口陽介(ガンバ大阪)
大島僚太(川崎フロンターレ)
高萩洋次郎(FC東京)
清武弘嗣(セレッソ大阪)

■FW
伊東純也(柏レイソル)
小林悠(川崎フロンターレ)
倉田秋(ガンバ大阪)
阿部浩之(川崎フロンターレ)
杉本健勇(セレッソ大阪)
金崎夢生(鹿島アントラーズ)

日本代表は12月9日に北朝鮮代表と、12日に中国代表と、16日に韓国代表と対戦する。会場はいずれも、味の素スタジアムとなっている。

【EAFF E-1 サッカー選手権2017 大会スケジュール】

12月9日(土) 味の素スタジアム
16:30 キックオフ(予定) 韓国代表 vs 中国代表
19:15 キックオフ(予定) 日本代表 vs 朝鮮民主主義人民共和国代表

12月12日(火) 味の素スタジアム
16:30 キックオフ(予定) 朝鮮民主主義人民共和国代表 vs 韓国代表
19:15 キックオフ(予定) 日本代表 vs 中国代表

12月16日(土) 味の素スタジアム
16:30 キックオフ(予定) 中国代表 vs 朝鮮民主主義人民共和国代表
19:15 キックオフ(予定) 日本代表 vs 韓国代表

北朝鮮戦を終えたハリル、“政治とスポーツは別”を強調「サッカーファミリーの一員であることに誇り」

EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会の初戦が9日に行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦した。試合は日本が1-0で勝利を収めた。

北朝鮮との対戦は、2015年に中国で行われた前回大会以来2年ぶりのこと。その間に、日本と北朝鮮の政治状況は以前よりも緊張感が増している。EAFF(東アジアサッカー連盟)の田嶋幸三会長は、国際情勢を踏まえて大会賞金を北朝鮮代表に支払わないことを明言した。

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、こうした中で行われた試合について「われわれは政治の話をするために、ここに来ているわけではない。このサッカーの世界で、友情や信頼、そして喜びといったものを伝えたいと思っている」と政治とスポーツは別だと強調。「選手たち同士も(試合後に)握手していたし、私も相手チームと握手をした。私はサッカーファミリーの一員であることに誇りを持っている」と続けた。

さらにサッカー、スポーツの持つ意義について、「少しおかしくなっているこの世の中で、われわれはこの社会の最も良い部分を見せる世界にいる。そしてそれは喜ばしいことだ」と語り、「欧州でもアフリカでも日本でも、どこの地域にもライバル意識というものはある、私はスポーツ面のライバル意識をもって戦っている。そこに政治は関係ない」とサッカーにおける両国の関係は、スポーツ面のライバルでしかないと話した。

そして、最後に「今日の試合は、激しい試合ではあったが、スポーツに反するものはなかった。その意味で、両チームとも讃えたい。われわれの政治に対する答えは、このピッチで見せることができた」と両チームの健闘をたたえた。

日本代表が新ユニフォーム騎士サッカーショップで激安通販

こんにちは。いつもブログを読んでいただき

ありがとうございます。

今週の紹介アイテムは日本代表 ユニフォームです。

今年3月に就任したヴァヒド・ハリルホジッチ監督のもと、2018年のロシアワールドカップに向けたアジア予選に臨んでいる日本代表。

本日12日、9月の試合でまさかのスコアレスドローを演じたシンガポールとのアウェイゲームを前に、注目の新ユニフォームを発表した。

Japan 2016 adidas Home

japan-2015-16-adidas-home-kit

日本代表の新しいホームユニフォーム、そのコンセプトは『青の“調和”』。

adidasが制作した日本代表のホームでは、史上もっとも濃い青を用い、正面には11人の選手の個性を表す11本の異なる青で構成されたボーダー柄を配置。

japan-2015-16-adidas-home-kit

そして中央に配された赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表した“一本線”だ。

japan-2015-16-adidas-home-kit

japan-2015-16-adidas-home-kit

白の“スリーストライプス”は他のadidas勢と同様、脇へと移っている。

日本代表 ユニフォームの関連商品なら、弊社へどうぞ。騎士サッカーショップは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください